お客様本位の業務運営

お客様本位の業務運営方針

当社は、企業理念として「少額短期保険事業を通して安心して生活できる社会づくりへ貢献」することを掲げております。その実現のために「お客様本位の業務運営」を遂行し、お客様と地域社会から満足と信頼を得ることができるよう努めてまいります。

1.お客様の声を真摯に伺い、業務の改善に活かします。 

お客様からいただいた声を真摯に受け止め、誠実かつ適正に対応するとともに、社内において共有することにより、業務改善に活かすことができるように取組んでまいります。

2.お客様にとって最適な商品・サービスを提供いたします。

お客様に安心、満足いただけるように、多様化するお客様のニーズにこたえる保険商品・サービスの開発に努めてまいります。

3.お客様にとって分かりやすい情報の提供に努めます。

お客様がご自身のご意向に沿った保険商品を正しく選択することができるように、重要な情報については、お客様の立場に立った分かりやすい文書の作成、丁寧な説明をするように努めてまいります。

4.お客様本位の業務運営を定着させてまいります。

お客様本位の業務運営の徹底に向けて、各種研修や会議の場を通して運営方針の定着に向けた取組みを推進してまいります。

2018年度の取組状況

当社は、企業理念として「少額短期保険事業を通して安心して生活できる社会づくりへ貢献」することを掲げ、その実現のために「お客様本位の業務運営」を通して、お客様と地域社会から満足と信頼を得ることができるように努めております。


2018年度「お客様本位の業務運営方針」の4本柱に沿って取組んでまいりましたが、その主な取組状況について以下の通りお知らせいたします。

1.お客様の声を真摯に伺い、業務の改善に活かします。 

【取組状況】

お客様からいただいた苦情、提案・要望を業務改善に活かすことができるように、全部門長が出席する毎月の部長会において共有し、苦情の再発防止策や提案・要望の実現可能性を論議しました。

2.お客様にとって最適な商品・サービスを提供いたします。

【取組状況】

お客様の利便性、ニーズにお応えすべく、業務プロセスの改善を行いました。
(例)
・満期が迫っているお客様に対して、満期案内の書面送付に加え、SMSにより満期日をご案内する仕組みをスタートしました。
・お客様が当社に解約請求書、異動承認請求書の送付を請求されるにあたり、スマートフォンからの請求を可能としました。

3.お客様にとって分かりやすい情報の提供に努めます。

【取組状況】

お客様からいただいた提案・要望を受けて、分かりやすい文書作成・情報提供に努めました。
(例)
・保険料コンビニ払込票に、保険料の支払期限を明示することとしました。
・更新手続書類送付用封筒に、封入物・誤配送時の対応等を記載しました。

4.お客様本位の業務運営を定着させてまいります。

【取組状況】

「お客様本位の業務運営方針」を実践に移すために、社員・代理店に対して以下の研修等により趣旨の徹底を行いました。
・全社員向けのコンプライアンス研修
・社外講師による社員向け接遇・マナー研修
・全代理店向けの情報誌(共済会だより)